音楽を通して人と人をつなぐ(音楽協議会 代表様インタビュー)

フレッシュマンウィーク(以下、フレマン)はクラブやサークルといった課外活動団体における新規部員の獲得、課外活動の活性化を目的とした学生中心の実行委員会による新歓イベントです。

今回、新入生の皆様を中心に、課外活動へ関心を抱いてもらうことを目的として、フレマン関係者に対してオンラインを通じたインタビューを行いました。

インタビューやフレマン、各団体のWebコンテンツ等を通じて、1年生や2年生の皆さんに課外活動への関心を抱いていただけたら幸いです。

今回インタビューした方

川端莉瑚さん(上智大学文学部哲学科3年)

音楽協議会と上智大学吹奏楽団に所属。2021年より音楽協議会の代表に就任。

音楽を楽しく続けたい!

 はじめまして。上智大学音楽協議会代表の川端莉瑚と申します。

 私は現在、上智大学吹奏楽団に在籍しつつ、音楽協議会という上智大学の音楽系サークルから成る自治組織の代表を務めております。音楽協議会には10の課外活動団体が所属しており、吹奏楽やオーケストラ、合唱をはじめ、マンドリンや箏曲など様々なジャンルの音楽系団体が存在します。

 私自身、中高6年間を通じて吹奏楽部に所属していました。中高時代は部活動として吹奏楽を続けていましたが、大学では何か新しいことに挑戦してみたいと思い、部活動よりも活動頻度の少ないサークルに入りたいと考えていました。一度はサークルに入るかどうか悩みましたが、サークルの見学に向かった時、中高の部活動では体験できなかった音楽そのものを純粋に楽しむ雰囲気に惹かれ、上智大学吹奏楽団に入団しました。

 正直に言えば、私の中では中高の部活動と大学でのサークル活動においては大きな違いがありました。部活動では、毎年コンクールに出場し、そのための練習をし、結果を出すために努力するというスタンスでした。そのため、結果を出すための選曲、技術の向上が最も重要視されていたと感じています。一方で、今のサークルではコンクールには出場していません。その代わり、毎年の定期演奏会を成功させることを目標にして日々活動しています。定期演奏会では、会場の設営や演出、宣伝など全てのことを自分たちで成し遂げるという達成感を味わうことができます。また、曲も自分たちが好きな曲を選び、いかにお客さんに音楽を楽しんでもらえるかという視点が大事になります。

 音楽協議会の傘下にある団体の中では、ステラジャムなどの有名な大会に出場する団体もありますが、ほとんどの団体が演奏会やフェスティバルでの演奏を目標に活動しています。音楽協議会では「音楽を通して人と人をつなぐ」ということをモットーに活動しており、音楽を純粋に楽しめるような仲間が揃っているのが特徴です。したがって、私のように音楽を続けたいと思う人はもちろん、大学に入ってから音楽を始めてみたいと思う方にもぴったり合う団体がきっと見つかると思います。

課外活動をするメリット

 人生の中で4年しかない大学生活は、自分のしたいことを自由に選択できる機会となります。学業に専念するのはもちろんのこと、アルバイトをしてお金を貯めて旅行に行くのもいいし、趣味を増やすのもいいし、自分でビジネスをしてみるのもいいことだと思います。多くの機会がある中で、サークル活動をするメリットとしては学部や学科、はたまた大学の垣根を越えて生涯付き合っていけるような同年代の仲間に出会えることだと思います。

 私の所属する上智大学吹奏楽団を含め、音楽協議会の傘下にある団体は他大学の学生も参加が可能なインカレサークルが多く、様々な人との出会いがあります。その中で、切磋琢磨して練習をするだけではなく、係や役職などの責務や仕事を担い、ともに乗り越えていきます。そして、困ったことがあったらすぐに相談に乗ってくれたり、学生でしかできないようなくだらない遊びに付き合ってくれたりと、心を許せる家族のような仲間になっていきます。今、私にとって音楽協議会や吹奏楽団は帰るべき家のような暖かい居場所になっています。

そんな素敵な仲間たちと、「音楽」という形で何かを表現できることはとても幸せなことだと感じています。大変なことがあっても、ステージに上がってライトを浴び、一つの音楽を奏でる時には「大学生になっても音楽を続けていてよかった」と心から思います。ぜひ新入生の皆さんにもこの感覚や嬉しさを味わって欲しいです。

音楽協議会でお待ちしております!

 

 さて、音楽協議会という自治組織では毎年2回、コンサートを主催しています。今年は5月23日に上智大学内で「紀尾井の森コンサート」、10月16日には新宿文化センターで「音楽祭」を開催する予定です。5月の紀尾井の森コンサートは、新入生歓迎のコンサートにしたいと考えております。新型コロナウイルスはまだ終息の見通しが立ちませんが、本協議会では学生センター等の指導を受けて感染対策を講じますので、ぜひ足を運んでいただけたら嬉しいです。

 10月の音楽祭の見所は、音楽協議会に所属する10団体の選抜メンバーがジャンルの壁を越えて奏でる「グランドオーケストラ」です。曲も毎年オリジナルのメドレーを作成しています。異なるジャンルの音楽が交わり合い、一つの曲を作るという経験は、大学生活でしか味わえないことだと思います。ぜひ私たちと一緒に上智大学オリジナルのサウンドを響かせましょう。まずはフレッシュマンウィークやその他の新歓イベント等を通じて、どんなサークルがあるか見学にいらしてください。新歓イベントや各団体の募集要項などは音楽協議会のInstagram、Twitterアカウント(@onkyo_sophia)で随時発信中です。新入生の1年生や2年生の皆さんの入団を心よりお待ちしております。

(2021年3月 インタビュー)

音楽協議会様の最新情報は、音楽協議会さんのTwitterやInstagram、各団体のSNS等でご確認ください。