課外活動の活性化に向けたインタビューvol.5 ぜひ足を運んでみてください

フレッシュマンウィーク(以下、フレマン)はクラブやサークルといった課外活動団体における新規部員の獲得、課外活動の活性化を目的とした学生中心の実行委員会による新歓イベントです。

 今回、新入生の皆様を中心に、課外活動へ関心を抱いてもらうことを目的として、フレマン関係者に対してオンラインを通じたインタビューを行いました。

 インタビューやフレマン、各団体のWebコンテンツ等を通じて、上智生の皆さんに課外活動への関心を抱いていただけたら幸いです。

今回インタビューした方

音楽協議会代表の竜﨑さん

音楽協議会代表 
竜﨑智也さん 法学部法律学科新3年

上智大学吹奏楽団(SMB)、音楽協議会所属

音楽を続けたい

はじめまして。音楽協議会の代表を務めている竜﨑智也と申します。私は現在、上智大学吹奏楽団(SMB)に所属し、音楽協議会という音楽系のサークルで構成される自治組織の代表を務めています。音楽協議会には、合唱、オーケストラ、吹奏楽、筝曲、マンドリン、ギター、バンド、ジャズといった様々なジャンルの音楽系サークルが加入しています。

私は中学生の頃に吹奏楽部へ入部し、入部した後はトロンボーンを始め、高校に進学しても、引き続き吹奏楽部に所属しました。大学に入学した後もトロンボーンを続けたいと思い、上智大学吹奏楽団(SMB)に入団しました。当団は、「生涯音楽を楽しむ」ということをモットーとして活動しており、一生音楽を楽しもうとする仲間たちが集まって活動しています。また、他大学の学生も参加することができるインカレサークルでもあります。

中高の部活と異なる点は、サークル活動の内容がほぼ100%学生の自主性に委ねられるということです。中高の部活動は入部率が高い印象があり、なかには強制入部というような学校もあるかと思います。しかし、大学では、課外活動に参加するかどうかは、学生の自由な判断に委ねられています。当然、活動も学生が主体となって行われます。例えば、演奏会を開催するとなれば、演奏する曲目やホール、日程、照明、MC等の演出、衣装、楽器の運搬、広報活動といったことをすべて学生が協力して分担し、一つの演奏会を作り上げます。活動の自由度が大きくなるわけですから、その分だけ各学生の責任も当然大きくなり、各々が担当している役割をしっかり全うしなければ、活動が成り立たなくなります。そういった責任を負う立場になるという事実を知りつつも、自ら率先して活動をしたいという意志を持つ学生が集まるのが大学のサークル活動だと思っています。

そういった仲間たちとともに、音楽をする環境に身を置けていることをとてもうれしく感じています。皆さんにも、自分に合ったサークルを見つけてほしいと思います。

とにかく試してほしい!

「自分に合うサークルを見つけてほしい」といっても、どのサークルに加入すればいいのか迷っている人や、これまでやってきたことではなく何か新しいことに挑戦してみたいと考えている人もいると思います。そういった方々には、とにかくサークルに足を運んで実際に体験してみてほしいです。そうすることでしか、実感することができない楽しさがあります。

冒頭で、私は中学生の頃にトロンボーンを始めたという話を述べましたが、それまでは楽器の名前も知りませんでしたし、吹奏楽の体験入部に行ったのも友人に誘われたのが理由であって、それまでは他の部活に入部しようと決めていました。それにもかかわらず、一度吹いてみただけでその楽器の虜になり、それ以来、一生吹奏楽のできる環境を探して生きていこうと思うようになりました。実際に試してみることの影響力は想像以上です。皆さんもとにかく、何か試してほしいと心から思います。大学時代を通じて、人生の軸にしたいと思えるような何かに出会うことができるかもしれません。

おそらく、ほとんどの人が日常的に音楽を楽しんでいると思います。例えば、通学する際に音楽を聴くというのも、音楽を楽しむ一つの機会だと思います。では、実際に自分が音楽をするというかたちで、音楽を楽しんでみるのはどうでしょうか。音楽をする楽しみは、実際に歌う、楽器に触れる、吹く、弾く、たたくというように行動に移さなければ実感できないものが多いと思います。「聴く」だけではなく、「演奏する」ことによって音楽を楽しんでもらえたらうれしいです。

これまで、音楽に焦点を当てて話をしてきましたが、これはすべてのサークルについて言えることだと思います。スポーツ競技や音楽、ボランティア活動など、すべての活動においては実際にやってみないとわからない面白さや楽しさがあると思います。また、同じ活動内容だとしても、サークルごとに雰囲気も違うと思います。ぜひ、実際に色々なサークルに足を運んで、自分が楽しいと思える団体を見つけてください。

ぜひ、音楽協議会へ!

コロナ禍で活動に制約が多い状況が続くため、音楽協議会が直近で主催するイベントは開催の見通しが立っていません。しかし10月8日(土)には、江戸川区総合文化センター大ホールで「上智大学音楽祭」を開催します。音楽祭では、音楽協議会に所属する音楽団体が各々の演奏を披露したり、有志で各団体から演奏者を募り、合同で演奏をしたりします。

特に、「グランドオーケストラ」のステージでは、ジャンルの垣根を越えて集まったメンバーがテーマを一つ決めて演奏をします。同じステージに合唱、吹奏楽、管弦楽、ギター、マンドリン、琴などが一堂に会するのはなかなかないことですし、貴重な体験になると思います。ぜひ、音楽協議会の一員になり、一緒に音楽を楽しみましょう!音楽協議会では、学生センターから指導を受けた上で感染対策を講じて活動していますので、ぜひ各サークルに足を運んでいただけたら嬉しいです。皆さんの入団を心よりお待ちしております。

音楽協議会のSNSもぜひチェックしてみてください!

YouTube

https://m.youtube.com/channel/UCliP9RWize4Zo9WTnjKxziQ

Instagram

https://instagram.com/onkyo_sophia?utm_medium=copy_link

Twitter

https://twitter.com/onkyo_sophia?s=11